vivo 2011年6月号(第45号)2011年6月1日 業務企画部発行

弊社では、薬効薬理試験で確立してきた“病態モデル”を用いて、“ヒト”の病態時における「くすり」の副作用および相互作用を予測します。

病態モデルと評価例

病態モデル例

①肺線維症モデル
②腎障害モデル
③高脂血症モデル
④高血圧モデル
⑤糖尿病モデル
⑥心筋梗塞モデル
⑦脳虚血モデル
⑧遺伝子改変モデル

vivo45-1

目的の評価に適したレベルで、且つ安定した病態モデルを使用。

評価例

①「くすり」による病態の悪化を評価
②正常な動物では認められない、
 「くすり」による副作用の評価

例① 片腎摘出ラットのSTZ誘発糖尿病腎症モデルに対する化合物Aの影響

vivo45-2

化合物Aが線維化のマーカーである
腎臓中のTGF-β1含量を増加させ、
腎障害を増悪させる。

例② マウスのブレオマイシン肺線維症に対する死亡率への影響

vivo45-3

化合物Bが肺線維症を増悪させ、
死亡率を増加させる。

第38回 日本トキシコロジー学会学術年会

企業展示およびポスター発表のお知らせ

日時:2011年7月11日(月)〜7月13日(水)
場所:パシフィコ横浜 会議センター(http://www.pacifico.co.jp
    〒220-0012 神奈川県横浜市西区みなとみらい1-1-1

① 企業展示に出展いたします。是非お立ち寄りください。

<主な展示内容>
―NBRは独自の安全性試験を提案します―

・ミニブタ施設と試験実施の紹介
・マウスの生殖発生毒性試験の紹介
・病態モデル動物を用いた『副作用確認試験』の紹介
・医療機器領域の特殊な試験の紹介

② 2011年7月12日(火)にポスター発表します。

演 者:山田恭史
演題名:ミニブタを用いた特殊毒性試験
     ―皮膚感作性試験、光毒性試験、皮膚光感作性試験―

演 者:長瀬孝彦
演題名:ミニブタを用いた外用剤の皮膚刺激性試験(その7)
     ―Göttingen系ミニブタを用いた追加検討―

ダウンロードのご案内

VIVO6月号(第45号)紙面のPDFファイルは こちら よりご覧いただけます。