vivo 2011年5月号(第44号)2011年5月1日 業務企画部発行

NBRでは、経皮投与製剤(貼付剤、軟膏剤など)の薬効試験(アレルギー性皮膚炎モデルなど)、一般毒性試験、閉塞投与(6時間)による生殖発生毒性試験(妊娠期および授乳期)などの様々な経皮投与の試験を得意にしています。

経皮投与の試験種 使用動物
生殖発生毒性試験 マウス、ラット、ウサギ
反復投与毒性試験 ラット、ウサギ、イヌ、ミニブタ
皮膚刺激性試験 モルモット、ウサギ、ミニブタ
皮膚感作性試験 モルモット
血漿中薬物濃度試験 ラット、ウサギ、イヌ、ミニブタ
アレルギー性皮膚炎モデルによる
薬効薬理試験
マウス、ミニブタ
各種疾患モデルによる薬効薬理試験
(抗炎症作用、育毛、美白作用など)
マウス、モルモット、ラット、ウサギ、ミニブタ

vivo44-1

ミニブタの経皮投与

お知らせ

学会発表および企業展示のお知らせ

① 2011年5月13日(金)〜5月15日(日)
  第65回 日本栄養食糧学会大会(お茶の水女子大学)に於いて
  企業展示(14、15日)に出展いたします。
  是非お立ち寄りください。

② 2011年6月16日(木)
  日本腎臓学会学術総会(パシフィコ横浜)に於いて
  ポスター発表します。
    演 者:杉浦孝宏
    演題名:造影剤腎症ラットに対するberaprost,N-acetylcysteine,salineの効果
    演題番号:P-326

ダウンロードのご案内

VIVO5月号(第44号)紙面のPDFファイルは こちら よりご覧いただけます。