vivo 2011年1月号(第40号)2011年1月1日 業務企画部発行

サプリメントなどの機能性食品が、いろいろな疾患をもっている人々に多く使用されています。ところが、サプリメントを摂取することによって、健康人には発現しないが、現在かかっている疾患に悪影響を及ぼす可能性があります。NBRではそれを検証する試験が実施可能です。

病態モデル

肺線維症モデル
腎障害モデル
高脂血症モデル
高血圧モデル
糖尿病モデル
心筋梗塞モデル
脳虚血モデル
遺伝子改変モデル

vivo40-1

試験のプランニングもお任せください。

・試験モデルの提案
・投与量と投与期間
・必要な動物数

・評価項目
・投与期間(治療、予防)
         など

試験リスト中にある250種以上の疾患モデルから選別

食品だけでなく医薬品でも応用可能です。
病態動物を用いた副作用確認試験も実施可能です。

ダウンロードのご案内

VIVO1月号(第40号)紙面のPDFファイルは こちら よりご覧いただけます。