vivo 2008年8月号(第11号)2008年8月1日 業務企画部発行

日本バイオリサーチセンターから学会発表のお知らせです!
皆様のお越しをお待ちしております。

覚醒ミニブタの膀胱機能に対する非選択的β受容体刺激剤 isoproterenol の作用

・加藤 正巳:

『第1回 排尿障害モデル動物研究会』

日時:2008年8月29日(金)14:00〜16:40

(情報交換会:17:00〜19:00)

場所:ホテルセンチュリー静岡

(JR静岡駅 南口より徒歩1分)

問い合わせ先
第1回 排尿障害モデル動物研究会事務局
静岡県立大学医療薬学大講座薬物動態学分野内
TEL : 054-264-5631, FAX : 054-264-5635
E-mail : ud-eara@u-shizuoka-ken.ac.jp

嗅球摘出ラットの情動過多および脳内モノアミン遊離に及ぼすSNRIおよびSSRIの影響

・村澤 寛泰ら:

(演題番号:S-3)

『第12回 活性アミンに関するワークショップ』

日時:2008年8月29日(金) シンポジウム 10:05〜12:10

場所:昭和大学 上條講堂

(東急 旗の台駅 東口より徒歩5分)

問い合わせ先
第12回 活性アミンに関するワークショップ事務局
山元 俊憲 教授(昭和大学薬学部臨床薬学教室)
TEL : 03-3784-8221
e-mail :prinyaku@pharm.showa-u.ac.jp
『活性アミンに関するワークショップ』事務局
東北薬科大学薬理学教室 (只野 武 教授)
担当者:中川西 修(なかがわさい おさむ)
TEL&FAX:022-727-0123
e-mail : osamun@tohoku-pharm.ac.jp

恐怖条件付け装置内で発現する嗅球摘出ラットのすくみ行動および
パニック様行動に対する薬物の効果

・松田 智美ら:

(演題番号および発表日時;未定(分かり次第、ご案内申し上げます)

『第38回 日本神経精神薬理学会』

日時:2008年10月1日(水)〜3日(金)

場所:品川プリンスホテル アネックスタワー プリンスホール

(品川駅 高輪口より徒歩2分)

問い合わせ先
第18回 日本臨床精神神経薬理学会・
第38回 日本神経精神薬理学会 合同年会
事務局 (株)コンベンション リンケージ内
TEL : 03-3263-8688, FAX : 03-3263-8693
e-mail : cnp-np2008@c-linkage.co.jp

ダウンロードのご案内

VIVO8月号(第11号)紙面のPDFファイルは こちら よりご覧いただけます。