vivo 2008年5月号(第8号)2008年5月1日 業務企画部発行

Japanチャレンジプログラム(既存化学物質安全性情報収集・発信プログラム)のほ乳類毒性試験を受託しています。
試験はOECD GLP及び化審法GLPに対応して実施します。

情報収集項目 OECD TG No. 可否
ほ乳類毒性 急性毒性 急性経口毒性 420
423
425
急性経皮毒性 402
急性吸入毒性 403 ×
反復投与毒性 407
410
412 ×
422
遺伝毒性 遺伝子突然変異 471
476 ×
染色体異常 473
生殖毒性 受胎能 415
416
421
422
発生毒性 414
421
422

420:急性経口毒性(固定用量法)、423:急性経口毒性(毒性クラス分け法)、425:急性経口毒性(Up-Down法)、402:急性経皮毒性試験、403:急性吸入毒性試験、407:げっ歯類を用いる28日間反復経口毒性試験、410:反復経皮毒性試験(21/28日間試験)、412:反復吸入毒性試験(28日又は14日間試験)、422:反復毒性/生殖発生毒性併合試験、471:細菌を用いる復帰突然変異試験、476:In vitroのほ乳類細胞を用いる遺伝子突然変異試験、473:In vitroのほ乳類細胞を用いる染色体異常試験、415:1世代繁殖毒性試験、416:2世代繁殖毒性試験、421:簡易生殖発生毒性試験、414:催奇形性試験

ダウンロードのご案内

VIVO5月号(第8号)紙面のPDFファイルは こちら よりご覧いただけます。