vivo 2010年7月号(第34号)2010年7月1日 業務企画部発行

―NBRのミニブタの歴史と最近の試験の傾向―

歴 史

1995年 羽島研究所にて家畜ブタ(ベビー豚)を用いた薬理試験実施
1997年 ミニブタを用いた薬理試験開始。
     [(株)中外医科学研究所よりゲッチンゲン系ミニブタを入手]
2001年 修善寺にミニブタ専用施設(修善寺試験室)を設置し、薬理及び安全性試験の受託開始
2003年 日生研(株)よりNIBS系ミニブタを入手
2004年 医薬品GLP適合施設としての認可を取得
2008年 医療機器GLP適合施設として認可を取得
     収容頭数を増やすため施設を拡張(60頭→75頭)
2009年 X線装置の導入
     収容頭数の増加(75頭→85頭)
2010年 施設拡充工事
     収容頭数の増加(85頭→166頭)

ミニブタ試験の問合せ件数の増加

vivo34-1

ミニブタ試験の実績(2009年度)

有効性試験

vivo34-2

安全性試験

vivo34-3

ダウンロードのご案内

VIVO7月号(第34号)紙面のPDFファイルは こちら よりご覧いただけます。