vivo 2010年6月号(第33号)2010年6月1日 業務企画部発行

―日本最大のミニブタ専用GLP施設です―

医薬品・医療機器GLPミニブタ専用施設

収容頭数:最大162頭
部 屋 数:飼育室8室、実験室4室、解剖室1室
収容形態:個別飼育

環境条件

温度:20〜28℃
湿度:30〜80%
明暗12時間(明期:6時〜18時)
換気回数10回/時(フィルターに通した空気)

主な設備

X線装置、無影灯、ベッドサイドモニター、吸入麻酔機、心電図測定装置など

ミニブタ施設・ミニブタ試験の特徴

・GLP施設
・一般毒性試験を2試験平行してできる規模
・医療機器試験や高度な手術に対応した施設の整備
・多くの使用実績に基づいたストレスの少ない飼育ケージ
・多くの試験種に対応
・安定した動物の納入体制
・豊富な実績

施設平面図(2010年6月中旬 拡充工事完成)

vivo33-1

ダウンロードのご案内

VIVO6月号(第33号)紙面のPDFファイルは こちら よりご覧いただけます。