NBR Study Navi 第92号  聴覚評価

【NBRの聴覚に関する試験】 【使用細胞、使用動物】
マウス蝸牛細胞株を用いたin vitro毒性試験 マウス内耳由来細胞( HEI-OC1 )
加齢性難聴モデルを用いた薬効試験/毒性試験 マウス
騒音性難聴モデルを用いた薬効試験 マウス、モルモット
聴覚毒性試験(経口投与、中耳腔内投与等) マウス、ラット、モルモット、イヌ、ミニブタ
鼓膜穿孔モデルを用いた薬効試験 モルモット
サリチル酸処理モデルを用いた蝸牛血流測定試験 モルモット
薬剤性難聴モデルを用いた薬効試験 マウス

聴性脳幹反応( ABR )検査

最初に 90 dB の音刺激を与えて ABR を記録する。その後、音圧を変更し、ABR の波形が検出される最小音圧を音圧閾値(ABR thresholds:dB SPL)とする。

マウスを用いた加齢性難聴モデル

<スケジュール>

<ABR 閾値の推移>

**:Wilcoxson の符号付順位検定、Pre vs 24 weeks old, p<0.01, n=12

マウスを用いた騒音性難聴モデル

<スケジュール>

<ABR 閾値の推移>

**:Wilcoxson の符号付順位検定、vs Pre, p<0.01, n=10

マウス蝸牛細胞株を用いたin vitro毒性試験については NBR Study Navi 第88号に掲載しております。

第 13 回 オンラインセミナー 2024 年 6 月配信予定!

(会場/当社Web 展示会場 ウェビナーから録画配信)

表題 「in vivo 及びin vitro 難聴モデルのご紹介」

今回のセミナーでは、難聴モデルについて背景データを交えて紹介します。QR コード、HP から参加申し込みが可能です。是非ご参加ください。

オンラインセミナー QR コード

ダウンロードのご案内

Navi 5 月号(第 92 号)紙面の PDF ファイルはこちらよりご覧いただけます。