薬効薬理試験

NBR Study Navi
NBR Study Navi 第64号 脊椎脊髄疾患モデルを用いた評価

脊椎脊髄疾患は、何らかの原因により背骨の中を通る神経が障害されて、しびれや麻痺、痛みなどを生じる神経疾患です。

続きを読む
NBR Study Navi
NBR Study Navi 第63号 加齢性疾患モデル

加齢は認知機能、運動機能及び感覚機能などの生理機能を減退させ、認知症やサルコペニアなどの加齢性疾患の基礎要因となり得ます。

続きを読む
NBR Study Navi
NBR Study Navi 第61号 ミニブタを用いた高脂血症モデル

ミニブタはヒトと同様に雑食であり、血漿中コレステロールの組成や動脈硬化病変の性状や分布がヒトと類似しています。

続きを読む
NBR Study Navi
NBR Study Navi 第60号 免疫応答と感染

免疫応答には液性免疫と細胞性免疫があります。今回は細胞性免疫に関する免疫担当細胞を評価に用いた試験をご紹介いたします。

続きを読む
NBR Study Navi
NBR Study Navi 第54号 非アルコール性脂肪肝炎(NASH)モデル

非アルコール性脂肪肝疾患(nonalcoholic fatty liver disease : NAFLD)は21世紀において、世界中で最も一般的な肝疾患になりつつあります。

続きを読む
NBR Study Navi
NBR Study Navi 第53号 急性腎障害(AKI)モデル

今月号は、問い合わせが多い急性腎障害(AKI)モデルの中でも「造影剤腎症モデル」についてご紹介いたします。

続きを読む
NBR Study Navi
NBR Study Navi 第52号 皮膚創傷試験

皮膚の創傷は、外傷、切傷、火傷、血液循環不良、床ずれによる潰瘍、糖尿病などの疾患が原因となり、正常な機能や皮膚の形が一時的に損なわれます。

続きを読む
NBR Study Navi
NBR Study Navi 第50号  シストメトリー法を用いた膀胱機能評価

排尿機能の評価方法として、膀胱内圧測定法(シストメトリー)があります。

続きを読む
NBR Study Navi
NBR Study Navi 第49号 炎症モデルについて

炎症は損傷や感染などに対する免疫反応であり、自然免疫における一つの重要な要素です。

続きを読む
NBR Study Navi
NBR Study Navi 第46号 神経変性疾患 ―in vivo中枢神経系につなげるin vitro試験―

神経変性疾患は中枢神経系に発症し、特定の神経細胞群の減少や神経細胞の内外に頻繁に発現する線維状物質の蓄積を特徴としています。

続きを読む