vivo 2012年7月号(第58号)2012年7月1日 業務企画部発行

当社の得意分野である軟膏剤や貼付剤、液剤などの外用剤の薬効薬理試験を紹介します。マウス、ラット、モルモット、ウサギ、ミニブタを用いて、経皮投与による様々な外用剤のアレルギー性皮膚炎抑制作用、育毛作用、美白効果、急性浮腫・慢性関節炎抑制作用などについて評価しています。長年にわたり培ってきた経験、知識と技術力で、付加価値と信頼性の高い試験データをご提供します。

―NCマウスモデル―

<アレルギー性皮膚炎モデル>

皮膚症状

掻痒行動観察

病理組織学的検査

―ミニブタモデル―

皮膚症状

経皮投与の様子

病理組織学的検査

<モルモットを用いた美白試験>

皮膚症状

媒体

L-システイン

L-アスコルビン酸

vivo58-10

ランチョンセミナーのお知らせ  共催:オリエンタル酵母工業株式会社

第39回 日本毒性学会学術年会

開催期間:7月17日(火)12:15〜13:15
場  所:仙台国際センター 第6会場
1.ミニブタを用いた慢性血液透析モデルの開発と確立
―各種パラメーターから見たミニブタの有用性―
演  者:加藤正巳
ランチョンセミナーでブタの有用性についてお話します。是非お立ち寄りください。

第39回 日本毒性学会学術年会 NBR発表登録演題一覧

会  期:2012年7月17日(火)〜19日(木)
開催場所:仙台国際センター ポスター会場1
     (〒980-0856 仙台市青葉区青葉山無番地)

演  題:ミニブタを用いた皮膚刺激性試験(その8)
     ―Göttingen系ミニブタの投与部位による皮膚刺激性の差の検討―

演  者:長瀬 孝彦

発表日時:7月17日(火) 16:30〜17:30 質疑・応答コアタイム

演題番号:5167

演  題:皮膚反応の肉眼観察における相対的数値化の試み(2)

演  者:山田 恭史

発表日時:7月17日(火) 16:30〜17:30 質疑・応答コアタイム

演題番号:5035

演  題:ラット腎臓に対する造影剤の副作用

演  者:杉浦 孝宏

発表日時:7月17日(火) 16:30〜17:30 質疑・応答コアタイム

演題番号:5115

演  題:ミニブタを用いる皮下投与による局所刺激性の検討

演  者:加藤 英男

発表日時:7月19日(木) 16:30〜17:30 質疑・応答コアタイム

演題番号:5265

企業展示のご案内

日  時:2012年7月17日(火)〜19日(木)

会  場:仙台国際センター(ホワイエ)

当社企業展示ブースに是非お立ち寄りください。お待ちしております。

ダウンロードのご案内

VIVO7月号(第58号)紙面のPDFファイルは こちら よりご覧いただけます。