第13号 2017年10月1日 営業企画部発行

ヒトに外挿できるミニブタの特徴はいくつかありますが、今月号では皮膚に焦点を当ててまとめました。ミニブタの皮膚は外観だけでなく形態的にもヒトと類似点が多く、それ以外にもいくつかの特徴を有しています。弊社で実施可能な試験の紹介と合わせてご紹介します。

動物種の比較(病理・HE染色)

Low magnification
High magnification
ヒト ミニブタ イヌ

皮膚の厚さの比較

厚さ
月齢 角質 表皮 真皮
(months) (μm) (μm) (mm)
ゲッチンゲンミニブタ 1,5 ・10 50 1,15
3 ・10 64 1,47
6 ・10 63 2,28
ヒト 成人 ・15 70 1,20

Qvist et al. (2000)

皮下貯留性の比較

【動 物】 ウサギ及びミニブタ【投与物質】 0.1%フルオレセイン溶液
【投 与 量】 0.1mL/site【投与部位】 背部皮下
【観察時期】 投与直後、30分、1時間

ミニブタの皮膚の特徴

・表皮の細胞層が5-6層(ヒトとほぼ同じ)

・皮下組織に脂肪組織がある

・3ヵ月齢ぐらいの皮膚の厚さがヒトの成人に近い

・他の実験動物に比べ毛根が少ない(ヒトに近い)

-アレルギー性皮膚炎モデル-

皮膚炎症状(皮膚炎スコア)の評価

病理組織学的検査(無処置群)

実験方法

【動物】ミニブタ、4ヶ月齢、雌
【誘発物質】DNFB(ジニトロフルオロベンゼン)

実験スケジュール

皮膚炎スコア

-皮膚欠損モデル-

実験方法

【動物】ミニブタ、6〜10ヶ月齢
【欠損作成部位】背部皮膚
【評価方法】欠損部面積測定

欠損作製16日後

欠損作製21日後

皮膚関連の試験一覧

試験種 評価項目
薬理試験 アレルギー性皮膚炎 皮膚炎スコア、病理組織学的検査
皮膚欠損傷治癒試験 欠損面積、治癒日数、病理組織学的検査
動態試験 経皮投与動態試験 血中濃度、尿中濃度、角質中濃度、皮膚中濃度
安全性試験 一般毒性試験(皮下、経皮、その他/単回、1,3,9ヵ月反復) 一般状態、BW、FC、尿検査、眼科学的検査、心電図、血液学的検査、血液生化学的検査、皮膚炎スコア、病理組織学的検査
皮膚刺激性試験(単回、1,3,9ヵ月反復) 皮膚炎スコア、病理組織学的検査
皮下刺激性試験(単回) 病理組織学的検査

ダウンロードのご案内

Navi 10月号(第13号)紙面のPDFファイルは以下のリンクよりご覧いただけます。
http://www.nbr.co.jp/files/pdf/Navi_201710_013.pdf