かけがえのない生命のために…
NBR Study Navi

web版vivo

vivo第108号 NBRの再生医療試験

医薬品の薬効薬理試験で培った約300の疾患モデルと安全性の実績で再生医療の開発をサポートします。

vivo第107号 NBRの中枢試験

マウスの脳室内にβアミロイドを投与することで、Y迷路試験における短期記憶障害を発現します。

vivo第106号 NBRの感染試験

当社では、マウス・ラット・モルモットなどを用いる In vivo あるいは in vitoro 感染試験(BSL Ⅱ)を実施しています。

vivo第104号 ランチョンセミナーとブース展示のご案内

この度、第43回日本毒性学会 学術年会におきまして、「医薬品・医療機器・再生医療等製品開発におけるミニブタ試験について」をテーマにランチョンセミナーを開催させていただく事になりました。

vivo第103号 ミニブタの特徴を生かした薬理試験

当社では、ミニブタの特徴を生かした以下の様な薬効モデルを検討して、確立してきました。本号では、代表的なモデルについてご紹介します。

vivo第102号 チアミン欠乏モデルマウス

認知症は、記憶・学習障害などの中核症状の他に、幻覚、妄想、興奮、攻撃性、焦燥、不安、抑鬱、不眠、徘徊などの周辺症状が認められている。

vivo第101号 感染試験―インフルエンザの治療効果―

インフルエンザの治療薬Aについて、投薬のタイミングと薬効について検討した実験を紹介します。

vivo第100号 vivo創刊号〜第100号まで

2007年10月から月刊でお届けしてきたvivoが発刊第100号となりました。

vivo第99号 実験的自己免疫性脳脊髄炎(EAE)モデル

多発性硬化症(MS)と多くの病態を共有している実験的自己免疫性脳脊髄炎(EAE)は、中枢神経組織由来の蛋白質抗原やペプチドを免疫することによって誘導される自己免疫疾患です。

vivo第98号 NBRの血管刺激性試験と溶血性試験

当社では、注射剤の血管刺激性を評価する試験法として注入法、貯留法を実施しています。

1 2 3 11 »
PAGETOP
Copyright © Nihon Bioresearch Inc. All Rights Reserved.