かけがえのない生命のために…
NBR Study Navi (旧vivo)

タグ : 強制水泳

vivo第102号 チアミン欠乏モデルマウス

認知症は、記憶・学習障害などの中核症状の他に、幻覚、妄想、興奮、攻撃性、焦燥、不安、抑鬱、不眠、徘徊などの周辺症状が認められている。

vivo第13号 “うつ病” “動物モデルのご紹介”

水槽中で泳がず浮いている状態(無動)を“鬱(うつ)”と見なし、抗うつ作用を検出します。被験物質の評価は、単回投与、連続投与どちらも可能です。また、マウスだけでなく、ラットでも実施可能です。被験物質の条件に合わせた試験方法を提案致します。下記に試験例を示します。

PAGETOP
Copyright © Nihon Bioresearch Inc. All Rights Reserved.