かけがえのない生命のために…
NBR Study Navi (旧vivo)

感染試験

vivo第106号 NBRの感染試験

当社では、マウス・ラット・モルモットなどを用いる In vivo あるいは in vitoro 感染試験(BSL Ⅱ)を実施しています。

vivo第101号 感染試験―インフルエンザの治療効果―

インフルエンザの治療薬Aについて、投薬のタイミングと薬効について検討した実験を紹介します。

vivo第90号 免疫毒性試験(易感染性試験)の紹介

薬物の免疫毒性を評価する易感染性試験は決められた試験方法がなく、開発する薬剤の特性に合わせて病原体を選択する必要があります。

vivo第81号 マウスを用いるピロリ菌感染実験のご紹介

当社ではマウスに感染するピロリ菌(H.pylori)を導入して感染実験を開始しました。

vivo第77号 NBRの感染試験―機能性食品による感染防御試験―

毎年、寒い季節になるとインフルエンザ等の感染症に対して、機能性食品による予防が話題になります。

vivo第71号 インフルエンザウイルスを用いた空気感染モデル

インフルエンザの感染防御対策として、簡易型不織布マスクを使用されることが多くなっています。

vivo第67号 易感染モデルを用いた感染実験のご紹介

感染実験では、試験の目的に合わせた「易感染モデル」を用いる試験が多くあります。

vivo第51号 感染試験(第二報)ヒトインフルエンザウイルスを用いた試験

流行性感冒は、インフルエンザウイルスに起因し、気道感染に伴い呼吸器疾患を発症します。

vivo第50号 感染試験が新たに実施可能になりました!

試験施設:(株)日本バイオリサーチセンター 木曽三川試験室(レベル:PⅡ)特  徴:感染試験専用の単独施設です。

PAGETOP
Copyright © Nihon Bioresearch Inc. All Rights Reserved.